スポンサーリンク

約60人の社会活動家にインタビューしてわかったこと5選。

コラム

COCOCOLOR EARTHという「社会貢献を仕事に」をコンセプトのもとソーシャルに携わる多様化したキャリアを伝えるインタビューメディアで代表をしています。

1年半の活動で約60名の社会活動家にインタビューをしました。

その中で、僕の気づきを5つ紹介します。

スポンサーリンク

無限にある社会貢献の選択肢

社会貢献を仕事にする選択肢は無限にあることがわかりました。

それぞれ十人十色の働き方があります。

例えば

・民間企業に働きながらNPOの代表や理事を務める方
・投資×社会貢献の観点から投資信託で働く方
・社会貢献×デザインの観点でで一般社団法人の代表を務める方
・協力隊から起業家になる方
・福祉企業で働きながら休日にボランティアをする方
・大学生でありながら起業している方
・新卒から社会的企業で働く方
・大学院を経て国際機関で働く方
・フリーランスで活動する方
・大企業のCSRで働く方

ざっと10通り挙げるだけでも、働き方が無限にあることがわかります。

しかし、社会貢献を仕事にする方法をwebで調べてヒットする多くは、国際機関やNPOで働くといった選択肢です。

社会貢献を仕事にする方法は多様化していて、情報のアップデートが急務だと感じています。

強烈な原体験は必ずしも必要ない

インタビューした半分くらいの方は、強烈な原体験を持っていなかったです。

社会貢献に関心を持つきっかけになる話はありますが、皆様が考えるような強い原体験を持っている方は半数くらいでした。

農林水産省 西村はじめさん

ーーー国際協力を始めたきっかけを教えてください。     

農林水産省に入ったのは「たまたま」です。
元々、公務員志望ではあったのですが、具体的に農林水産省に入りたいわけではありませんでした。
国家公務員の試験を受けて、たまたま入れてもらえたのが農林水産省でした。
チュニジアで国際協力を担当したのも「たまたま」です。
農林水産省に入った時には、担当になるとは思っていませんでした。
たまたま在外公館への出向を奨められ、たまたま行った国がアフリカのチュニジアだったのです。
政府機関でも国際協力はできる。アフリカ開発会議やチュニジアでの経験〜農林水産省 西村はじめさん〜 - COCOCOLOR EARTH
今回は現在農林水産省に勤務しており、途上国と日本の関係性を向上させるために政府という立場から国際協力の活動を行っている西村はじめさんにお話を聞きました。TICAD(アフリカ開発会議)やチュニジアへの出向など、現地での活動
tsumiki証券 寒竹明日美さん

―――社会貢献を意識し始めたときを教えてください。

実は若い時は、社会課題解決を深く意識はしていなかったです。
目の前のお客様は何に困っているのか、どうしたら喜んでくれるのかを考えていました。
社会課題や世の中と自分の仕事が繋がっていると実感したのは30代になってからです。
そのきっかけは、資金調達の仕事や、会社の株を投資家に買ってもらうために会社のことを伝えるIRの仕事を経験したことでした。
お客様のニーズや困っていることを私たち企業が解決すると、お客さまも嬉しいし、結果私たちの業績にも良い影響が出る。
そうすると株価の上昇や配当で投資家にも還元できるし、納税という形で国や地域にも貢献できますよね。
世の中はもっと良くなるし、結果として社会課題の解決にもつながるはず。
資本市場でお金の出し手に、企業の取り組みを理解してもらうよう働きかけることは、すごく良い活動だと思えるようになりました。
意思あるお金の使い方で世の中は豊かで幸せになる~tsumiki証券 寒竹明日美さん~ #1 - COCOCOLOR EARTH
若い方や投資知識がなくても、資産形成ができるサービスを提供しているtsumiki証券のCEOを務める寒竹明日美(かんたけあすみ)さんにお話を伺いました。 第一弾の今回は「共創経営という概念」というテーマで現在の活動や今に
開発コンサルタント 小林義則さん

―――青年海外協力隊に応募したきっかけを聞かせてください。

協力隊に入る前は日本の食品メーカーで働いていました。
小さなころから歴史が好きだったこともあり、海外で働くことに興味はありました。
しかし、なかなか食品メーカーでは海外との関わりがなくて、モヤモヤしていました。そんな中でたまたま青年海外協力隊の存在を知ったんです。
「自分をボランティアとして試したい」「途上国で働いて困っている人のために仕事をしたい」という思いを叶えるきっかけになるぞと。
それで普通に迷わず応募しました。
応募した職種は、食品メーカーで勤めていた経験を活かして食育支援・健康支援に関わるものにしました。
青年海外協力隊での活動とその後のキャリア 〜開発コンサルタント 小林義則さん〜 - COCOCOLOR EARTH
今回は青年海外協力隊として活動された小林義則さんにお話を伺いました!ザンビアでの協力隊の活動や開発コンサルタントの仕事など社会貢献を仕事にする小林さんに迫ります。   目次 “自分から動いた”協力隊青年海外協力

どんな会社も社会貢献をしている(自分のとらえ方次第)

前提として、どんな会社も社会貢献をしてることの理解が大切だとわかりました。

会社は社会に貢献することで、経営が成り立っています。

社会に貢献していなければ、会社として存続することはできません。

このことに違和感を感じるのなら、あなたの「社会」について考えてみてください。

『社会課題を解決したい』と話すあなたの ”社会”って何ですか? - COCOCOLOR EARTH
このタイトルを目にしてコラムをポチったということは、 何かしらの関心分野があり、社会貢献に取り組まれているのだと思います。 そんなあなたと考えたい「自分が社会を見る視野」について書きました。    

頭に浮かぶ違和感のある会社も、あなたにとっての「社会」では貢献していなくても、だれかの「社会」では貢献しているのです。

大切なのは、あなたにとっての社会貢献を定義して、どんな社会課題に取り組みたいか明確にすることです。

社会貢献を仕事にする方法が見つからない一つの原因は、あなたにとっての定義が定まっていないからではないでしょうか。

必ずしも仕事にするのがベストではない

社会貢献を仕事にするのは、必ずしもベストではない場合もあります。

仕事にするのは一つの選択肢であり、民間企業やフリーランスで働きながら、仕事終わりや休日にプロボノとして活動することもできます。

例えば、株式会社笑美面で働く辻中俊平さんは、休日を利用してごみ拾い活動をしています。

地域の社会問題から、社会をちょっと良くする方法#1~株式会社笑美面辻中俊平さん~ - COCOCOLOR EARTH
今回は、株式会社笑美面で働く辻中俊平さんにインタビュー。仕事で福祉に関わりながら、CO-BUKUROというコミュニティを運営し、ごみ拾いボランティアを行う辻中俊平(つじなかしゅんぺい)さん。福祉と環境問題、異なる分野に見

他にも民間企業で働きながら、NPO代表を務める方やフリーランスで収入を得ながらNPOを立ち上げている方もいらっしゃいます。

僕自身、ソーシャルビジネスは、仕組みとして・社会としては持続的だけど、個人としては民間で働きながらプロボノする方が持続的な可能性高いと思い始めました。

ココカラアースでも10人以上の方がプロボノとして関わっていただいています。

お時間あればこちらのイベントに参加してみてください!

【11/3】プロボノ4人が伝える社会人のボランティア~あなたにできる社会貢献を~ - COCOCOLOR EARTH
こんな人にオススメ!! ・プロボノとして活動してみたい ・自分にできる社会貢献を知りたい ・社会人でもボランティアしたい ・プロボノと仕事の両立ができるのかわからない 申し込みはこちら 「プロボノ」の語源は、「Pro B

スキルよりも想いが大切

多くの方が、スキルは後からついてくるとおっしゃっています。

始めからスキルを考えるのではなく、誰のどんな課題を解決にしたいのか、あなたの想いを発信して行動することが大切なのではないでしょうか?

~祇園涼介さん〜

―――今の活動をしていて必要だと感じるスキルとその事例を教えてください。

正直、必要だなと思っているスキルは無くて、何もない状態でもなんでもやれるかなという、、、ハッピー思考です(笑)。
思いがあれば、スキルがなくてもそれを伝えればできる人が集まってきて、彼らが形にしてくれる。
他力本願ではあるんですけど、自分にはスキルがないからって始めないという考え方は持っていないです。
「とにかくやりたいことを言ってみる」
それをすることで誰かが共鳴して手を貸してくれるようになってきます。
総合商社をすぐに退社してアフリカで起業を目指した話~祇園涼介さん〜 - COCOCOLOR EARTH
記念すべき第1回目のインタビューイーになってくださったのは、アフリカと先進国をジーンズを通して繋げるGHION DENIM PROJECTを行なっている祇園涼介さんです! うつ病発症やイギリス留学、商社勤務など様々な経験
~HushTug 戸田貴久さん~

―――今の活動をしていて、必要だと感じたスキルや知識はありますか?

実際、スキルや知識は起業をする上では必要ないと思っています。
もちろんあるに越したことはありませんが間違いなく「必須」ではありません。
必要なスキルや知識は、人間なので状況に応じて学習していくと思うんです。
僕自身、HushTugをやる前はレザーに詳しくなかったし、アパレルの在庫を持つことも未経験でしたが、今はなんとかなっているので。
「モンゴル」に新しい産業を創る理由とは??~ HushTug 戸田貴久さん~ - COCOCOLOR EARTH
本日は、遊牧民で有名なモンゴルでレザーブランド「HushTug」を立ち上げた戸田貴久さんにお話を伺いました。  半分は興味本位で渡航したモンゴルで新しい産業をつくろう!と思い立ったその真相と、「泥臭く」モンゴルでの起業に
~ジャーナリスト 大津司郎さん~

ーーーアフリカでの活動やジャーナリズムの活動をするうえで必要なスキルはなんですか?

スキルよりも感性と問題意識が大切です。
スキルは後からついてきます。
写真の技術とかは自分で学べばいいんじゃないですか。
だけど、感性と問題意識、テーマがないとジャーナリズムの活動はできないですよ。
問題意識と感性は映像に表れます。
若者と「現地」を結ぶ#3~アフリカジャーナリストの大津司郎さん~ - COCOCOLOR EARTH
アフリカジャーナリストの大津司郎さん第3弾! 農業支援に携わって以来、青年海外協力隊やイッテQや水曜どうでしょうなどテレビのコーディネーターなど、様々な活動をされています。 今回は「#3. 国際協力を志す前に…。」という
~株式会社 ファンケル 臼杵ひろみさん~

ーーー現在の活動をする上で必要だと感じたスキルなどはありますか?

社会活動はマインドだと思います。
相手を思う気持ちそのものだと思うので、勉強するのではなく経験を積むことが大切です。例えば、街中で白いステッキを持った目の不自由な方が歩いていたら、自分から声をかけて道案内ができる。
そのような行動ができるマインドを成長させることが大事だと思います。
FANCLならではの社会貢献とは!?主役は従業員!#2 ~株式会社 ファンケル 臼杵ひろみさん~ - COCOCOLOR EARTH
ファンケルのCSR推進室長(2020年1月31日現在)として活躍する臼杵(うすき)さんのインタビュー記事第2弾! 株式会社ファンケルは、「使う人の肌を美しくする化粧品を届けたい」という想いから、無添加化粧品の製造販売から

まとめ

いかがでしたでしょうか?

社会貢献への関わり方は、十人十色です。

ぜひ皆様のロールモデルを探してください!

ロールモデルを探す

・無限にある社会貢献の選択肢・強烈な原体験は必ずしも必要ない
・どんな会社も社会貢献をしている(自分のとらえ方次第)
・必ずしも仕事にするのがベストではない
・スキルよりも想いが大切

スポンサーリンク
プロフィール
COCOCOLOR EARTH代表
ボランティアを職業にする人

「社会貢献を仕事に」というコンセプトで活動する団体COCOCOLOREARTHの代表。
70人以上の社会活動家のキャリアを伝えるインタビューメディアの運営をしています。
実績
クラファン100万円成功/社会課題系イベント50以上主催

ボランティアを職業にする人をフォローする
コラム
ボランティアを職業にする人.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました