スポンサーリンク

やりたいことの見つけ方~やりたいことから逃げてスキルに走るな~

コラム

やりたいことを見つけるのから逃げてスキルに走るな

スキルは後からついてくる。

やりたいことがわからなければ、誰にどんな価値を与えたいかを考える。

あとは仮説検証するだけ。

ボランティアを職業にする人の実体験・ココカラでインタビューした方々の話から解説していきます。

スポンサーリンク

ボランティアを職業にする人の場合

僕の場合、ボランティアを職業にするということはすでに志していた。

しかし、その手段が分からなかった。

そして見つけた手段は、メディア『Cococolorearth

すでに、社会貢献を仕事にして活躍している方々にインタビューをして、どんなプロセスで、どんな思いで仕事にしたのかを伝える。

ボランティアを職業にするためのロールモデルになっていただく。

これしかないと思った。

しかしその当時今から1年前は、

「国際協力」も「メディア」も「ライティング」も知識ゼロ。

何もわからない状態。

活動してみるとそんなことは、まったく関係ない。

無限にやる気が出てきて勝手にスキルが身に付く。

今では、フリーランスとして案件が取れるほど成長。

メンバーは30人を超え、記事もたくさん公開できている。

だから、スキルなんていらない。

やりたいことを見つけるのが先。

それは今までインタビューした多くの人が言っていた。

インタビューした方々の場合

~祇園涼介さん〜
―――今の活動をしていて必要だと感じるスキルとその事例を教えてください。

正直、必要だなと思っているスキルは無くて、何もない状態でもなんでもやれるかなという、、、ハッピー思考です(笑)。

思いがあれば、スキルがなくてもそれを伝えればできる人が集まってきて、彼らが形にしてくれる。

他力本願ではあるんですけど、自分にはスキルがないからって始めないという考え方は持っていないです。

「とにかくやりたいことを言ってみる」

それをすることで誰かが共鳴して手を貸してくれるようになってきます。
総合商社をすぐに退社してアフリカで起業を目指した話~祇園涼介さん〜 - COCOCOLOR EARTH
記念すべき第1回目のインタビューイーになってくださったのは、アフリカと先進国をジーンズを通して繋げるGHION DENIM PROJECTを行なっている祇園涼介さんです! うつ病発症やイギリス留学、商社勤務など様々な経験
~戸田貴久さん~
―――今の活動をしていて、必要だと感じたスキルや知識はありますか?

実際、スキルや知識は起業をする上では必要ないと思っています。

もちろんあるに越したことはありませんが間違いなく「必須」ではありません。

必要なスキルや知識は、人間なので状況に応じて学習していくと思うんです。

僕自身、HushTugをやる前はレザーに詳しくなかったし、アパレルの在庫を持つことも未経験でしたが、今はなんとかなっているので。
「モンゴル」に新しい産業を創る理由とは??~ HushTug 戸田貴久さん~ - COCOCOLOR EARTH
本日は、遊牧民で有名なモンゴルでレザーブランド「HushTug」を立ち上げた戸田貴久さんにお話を伺いました。  半分は興味本位で渡航したモンゴルで新しい産業をつくろう!と思い立ったその真相と、「泥臭く」モンゴルでの起業に
~大津司郎さん~
ーーーアフリカでの活動やジャーナリズムの活動をするうえで必要なスキルはなんですか。

スキルよりも感性と問題意識が大切です。

スキルは後からついてきます。

写真の技術とかは自分で学べばいいんじゃないですか。

だけど、感性と問題意識、テーマがないとジャーナリズムの活動はできないですよ。
問題意識と感性は映像に表れます。
若者と「現地」を結ぶ#3~アフリカジャーナリストの大津司郎さん~ - COCOCOLOR EARTH
アフリカジャーナリストの大津司郎さん第3弾! 農業支援に携わって以来、青年海外協力隊やイッテQや水曜どうでしょうなどテレビのコーディネーターなど、様々な活動をされています。 今回は「#3. 国際協力を志す前に…。」という
~臼杵ひろみさん~
ーーー現在の活動をする上で必要だと感じたスキルなどはありますか?

A.社会活動はマインドだと思います。

相手を思う気持ちそのものだと思うので、勉強するのではなく経験を積むことが大切です。

例えば、街中で白いステッキを持った目の不自由な方が歩いていたら、自分から声をかけて道案内ができる。

そのような行動ができるマインドを成長させることが大事だと思います。
FANCLならではの社会貢献とは!?主役は従業員!#2 ~株式会社 ファンケル 臼杵ひろみさん~ - COCOCOLOR EARTH
ファンケルのCSR推進室長(2020年1月31日現在)として活躍する臼杵(うすき)さんのインタビュー記事第2弾! 株式会社ファンケルは、「使う人の肌を美しくする化粧品を届けたい」という想いから、無添加化粧品の製造販売から

僕がやりたいことを見つけるまでの4つの過程

そうはいってもどうやってやりたいこと見つければいいのかと思うだろう。

それについても昔話をしようと思う。

まず、結論から

「やりたいことは、だれにどんな価値を与えたいか」

これだ。

これに当てはめて仮説検証をすればよい。

僕の場合は、社会を良くしたい人に生きていける仕組みを与える。

その方法を見つけるまでは大きく4つの仮説検証があった。

・お金をばら撒きかける
・環境コミュニケーターになる
・環境用語を超ざっくり辞書を作る
・ひとり旅に出る

①お金をばら撒きかける

僕がボランティアを職業にすると決めたのは2年前の8月。

はじめの僕の考えは、ボランティアをしている人にお金を渡す。

毎月自分のバイト代5万円を渡して、その行動やその人の活動を発信することで、5万円以上稼げればいけるとガチで思ってた。

もしかしたらできたかもしれない。

ただ、リスク高すぎるし、インパクトはあるが、範囲は狭い。

そもそもの本質を解決できていない。

結局、今いる団体の代表にお金を渡すだけではダメだということを教えていただき踏みとどまることに。

②環境コミュニケーターになる

次に、何か自分の専門分野を見つけてそこから展開していこうと考えた。

たまたま、その団体で環境のイベントを運営として主催することに。

その時に環境って面白いなと思い、登壇してくださった方に環境コミュニケーターというものを教えてもらった。

環境コミュニケーターとは、環境省が主催するもので国民が自発的に環境問題について伝えられる人材を育成するもので、資格を取るとイベントを重ねると国から依頼なども来るようになる。

専門の分野を探していた僕は早速資格を取ることに。

無事に資格を取ったものの何か違和感。

これは違う、、、

結局、資格だけで終わり。

③環境用語を超ざっくり辞書を作る

環境コミュニケーターは違うと思ったけど環境はまだ好きだったので、辞書を作り始めた。

環境用語は無駄に難しく書いてあり、もっとわかりやすくしたいと思いから、300語くらいざっくりさせるという、今思えば血迷った行動。

もうこの時はどうすればボランティアを職業にするかわからなすぎて考えるのを半分放棄していた。

しかし、300語を過ぎてから逃避するのはやめようと思いまた考え始めた。

環境用語を超ざっくり辞書のバージョンアップがこちら

404 NOT FOUND | ボランティアを職業にする人.com

④ひとり旅に出る

そして僕はひとり旅に出た。

結論から言うとひとり旅では何も見つからなかった。

鹿児島県から神奈川県までゆっくり北上しながら、行きたいところに気の向くまま行く。
1週間くらいフラフラ。

期待満々に行った旅で何も見つけられずに帰ってきた僕はもうどうすることもできません。

しかし、そんな僕を励ましてくれる仲間がいた。

それがなければもう辞めていた。

感謝しかない。

そして1ヶ月が経たないうちにやっと見つけた。

それがCococolorearth

だからスキルに逃げないで、やりたいことに向き合おう。


スポンサーリンク
プロフィール
COCOCOLOR EARTH代表
ボランティアを職業にする人

「社会貢献を仕事に」というコンセプトで活動する団体COCOCOLOREARTHの代表。
70人以上の社会活動家のキャリアを伝えるインタビューメディアの運営をしています。
実績
クラファン100万円成功/社会課題系イベント50以上主催

ボランティアを職業にする人をフォローする
コラム
ボランティアを職業にする人.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました