スポンサーリンク

なぜボランティアをする大学生はうざい?暴言を吐かれたとき対処法を紹介

Pocket

あなたは、ボランティアをしている時に暴言を吐かれたことはありませんか?

ボランティアをしていると、暴言を吐かれたり、うざいと思われることは少なくないです。

私自身は、直接暴言を吐かれたことはありませんが、煙たがられていると感じたことはあります。

今回は、Twitterで暴言を吐かれた時の対処法も聞きました!

なぜうざいと思われるか、また暴言を吐かれたときの対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ボランティアがうざいと思われる3つの理由

ボランティアがうざいと思われるのはいったいなぜでしょうか?

ここでは3つの理由を考えてみました。

価値観の押し付け

うざいと思われるのは、ボランティアをするように強要したり、ボランティアをしない人を悪とみなすような発言や雰囲気があるのかもしれません。

そもそもボランティアは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

ボランティアに誘うことに問題はありませんが、価値観を押し付けないように注意しましょう。

ボランティアをしていない人を見下す

ボランティアをしていない人を見下すことの無いように注意しましょう。

ボランティアをしている人が偉いなんてことはありません。

また、人それぞれの事情で、ボランティアをしたくてもできない人もたくさんいます。

ボランティアをしていない人を見下すような人はいないと思いますが、改めて見直してみてください。

そもそもボランティアが嫌い

そして一番多いのが、そもそもボランティアが嫌いという人が一定数いることだと思います。

この場合は、ボランティアをする人に問題はありません。

一方的に、ボランティア自体に嫌悪感を持っているのです。

町でボランティアをしている時に、暴言を吐く人は、ボランティア自体が嫌いなのでしょう。

暴言を吐かれたときの対処法は2つ

ボランティアをしていると、突然暴言を吐かれることも少なくありません。

このような場合はどのように対応するのが良いのでしょうか?

実際にボランティア中に暴言を吐かれた人の声をもとに、2つの対処法を紹介します。

無視をする

1つ目は、無視をすることです。

個人的には、こちらをおすすめします。

団体として、暴言を吐かれたときは無視をするというルールを決めている場合もあるそうです。

トラブルを避けるためにも、開き直って無視をするのが無難かと思います。

反論する

2つ目は、反論をすることです。

こちらはおすすめできませんが、どうしても我慢ができないときはしょうがないでしょう。

ただし、トラブルを避けるためにも、暴言を吐いたり、暴力を振るうことは絶対に避けましょう。

ボランティアのメリットも紹介

幅広い世代の人と交流できる

ボランティアでは、様々な年代の人と交流しながら活動を行います。

子どもに関するボランティアでは幼い子どもを、介護ボランティアではお年寄りを相手にするため、幅広い世代と交流できます。

そのため、人脈が広がったり、新たな気づきが生まれることも少なくありません。

会社や学校だけでなく、新しいコミュニティを探すという意味でもボランティアに参加してみてはいかがでしょうか?

自分の活動が社会貢献に繋がってると実感できる

どんな会社も社会貢献をしていますが、なかなか実感が湧きにくいものです。

一方のボランティアでは、直接社会貢献できている実感を得られます。

そういった点から、達成感や生きがい、やりがいを感じる方が多いです。

知識や知見、考え方の幅が増える

社会課題に直面することで、無知であることに気づくと同時に知識や知見が深まるでしょう。

無意識的な先入観に気づき、枠に囚われない思考が身に付いたという方もいらっしゃいました。

「学ぶ」という点でもボランティアのメリットと言えます。

その他のメリットも知りたい!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボランティアがうざいと思われる理由は以下の3つです。

・価値観の押し付け
・ボランティアをしていない人を見下す
・そもそもボランティアが嫌い

万が一暴言を吐かれた時には、トラブルを避けるためにも無視をおすすめします。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました