愛知県で募集中のボランティア!3つの探し方や参加するメリットを解説

Pocket

愛知県のボランティアが知りたい!

このような気持ちがあってこのサイトを訪れたのではないでしょうか?

この記事では、愛知県のボランティアから3つの探し方、参加するメリットを解説します。

スポンサーリンク

ボランティアとは

ボランティアとは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

語源は、ラテン語のvoluntusと言われており、意味は「自由意志・自ら進んでやること」です。

日本では、無償という意味合いが強いですが、自発的に支援したいという想いが本来のボランティアの目的であり、有償・無償は本質的な問題ではないと考えられています。

ボランティア活動とは?定義や語源、4つの原則、探し方までわかりやすく解説

愛知県でボランティアをするメリット

幅広い世代の人と交流できる

ボランティアでは、様々な年代の人と交流しながら活動を行います。

子どもに関するボランティアでは幼い子どもを、介護ボランティアではお年寄りを相手にするため、幅広い世代と交流できます。

そのため、人脈が広がったり、新たな気づきが生まれることも少なくありません。

会社や学校だけでなく、新しいコミュニティを探すという意味でもボランティアに参加してみてはいかがでしょうか?

自分の活動が社会貢献に繋がってると実感できる

どんな会社も社会貢献をしていますが、なかなか実感が湧きにくいものです。

一方のボランティアでは、直接社会貢献できている実感を得られます。

そういった点から、達成感や生きがい、やりがいを感じる方が多いです。

多様性を実感できる

国内外は問わずボランティアでは多様性を実感できます。

様々な文化や価値観を持った方々との交流は、普通に生きているだけでは経験できない貴重な機会です。

また、多様性を実感することであなた自身が多様性を尊重できる人へ近づくでしょう。

ボランティアのメリットとは?17個のメリットをアンケートから解説。

愛知県で募集中のボランティア

NPO法人コラボキャンパス三河

NPO法人コラボキャンパス三河は、三河地方で学生向けのプロジェクトを企画・運営を行うNPO法人です。

産官学連携で小学生から大学生までの社会での挑戦の場づくりをしています。

まちで行われるマーケットの運営や設営に関わるボランティアを募集しています。

HP:https://www.cc-m.net/

認定NPO法人中部リサイクル運動市民の会

認定NPO法人中部リサイクル運動市民の会は、「リユース&リサイクルシステムづくり」「自治体の環境まちづくりサポート」「人づくり・環境教育」「企業とのパートナーシップ」「エコ商品の開発・普及」「ネットワークによる活動」の6つの柱を基本に、幅広い活動を行う団体です。

現在は、チャリティーショップを支える物流センターでの仕分けボランティアを募集しています。

HP:http://es-net.jp/

NPO法人 しみんシップnet

NPO法人 しみんシップnetは、「出会い、気づき、社会につながる学習」をコンセプトに、大きな変革を迎えている教育現場で、社会に開かれた教育課程を視野に入れた様々な授業プログラムを構築し、実践する団体です。

現在は、学習支援・子ども食堂サポーターとなるボランティアを募集しています。

HP:https://www.shiminship.com/p/home.html

こども夢の商店街実行委員会

こども夢の商店街実行委員会は、子どもたちが自分のお店屋さんを開いたり、ハローワークで探した仕事について「おむすび通貨」を稼ぎ、「おむすび通貨」で買い物を楽しむキャリア教育イベントを行う団体です。

現在は、こどものコーチ役となる学生ボランティアを募集しています。

HP:https://www.f-money.com/

名古屋市西部児童相談所

 西部児童相談所は、18歳未満の子どもについてのあらゆる相談を家庭その他から受け、子どもの持っている問題、真のニーズ、置かれた環境などを的確にとらえ、個々の子どもや家庭に最も効果的な援助を行います。

子どもの福祉を図るとともにその権利を守ることを主な目的としています。

友達と関わることが苦手な小中学生の遊び相手として、週1回程度家庭訪問などを行うボランティアを募集しています。

HP:https://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-3-3-16-0-0-0-0-0-0.html

ボランティアの種類とは?

ボランティアをやってみたいけど、どんな種類があるの?

こんな疑問を持っているのではないでしょうか?

ボランティアをやろうと思っても、たくさん種類があってよくわからないですよね。

そんなモヤモヤを整理するため、主要なボランティアをまとめています。

愛知県のボランティアの探し方

イベントに参加してみる

活動している人と事前に会いたい場合は、イベントに参加してみましょう。

ボランティア団体やNPO法人が主催するイベントでは、終わり際にボランティアへの参加

を募集しすることが多いです。

実際に活動している人を知ってから、ボランティアを行えるので安心感は大変大きいです。

イベントは、Facebookのイベントページやpeatixなどで毎日のように開催されています。

ウェブで申し込む

webサイトから応募するならactivoがおすすめです!

activoは、国内で最もアクセス数の多いボランティア・NPO求人のサイトです。

小学生からシニアの方々まで、様々な世代の方々が参加できるボランティアの募集情報が掲載されています。

高校生・中学生でも参加できるものが数多く掲載されています。

自治体から申し込む

家の近くで活動したい場合は、ボランティアセンターでの応募がおすすめです。

ボランティアセンターとは、「ボランティアを募集する団体」と「ボランティアをしたい人」を繋げる施設です。

また、ボランティアセンターには、ボランティアコーディネーターがいて、あなたに合ったボランティアを紹介してくれます。

ボランティアセンターとは?目的や5つの役割、開催している講座を解説!

社会貢献性の高いアルバイトもオススメ!

ボランティアに取り組みたいと思っても、なかなか金銭的に難しい場合もあると思います。

しかし、社会問題への貢献は、ボランティアだけでなくアルバイトでもできます。

アルバイトでは、時給が発生するため金欠の学生にはオススメです。

≫【ボランティアしたいけど金銭的に…】社会貢献度の高いアルバイト7選!

ボランティアの注意点

活動対象者の気持ちを尊重する

ボランティアが単なる「自己満足」にならないよう、相手の立場に立って気持ちを尊重しましょう。

自己満足で行うボランティアはスラックティビズムと呼ばれています。

自分の思い込みで活動するのではなく、相手が何を必要としているのか考えて活動することがボランティアの基本となります。

心配なこと・気づいたことはすぐに相談する

活動をする中で様々な問題に直面します。

その時に問題を一人で抱え込まず、担当の職員やメンバーに必ず相談しましょう。

また、改善点なども積極的に相談すると良いです。

ただし、自分の意志だけで行動してはいけません。

ボランティア保険に加入しよう

ボランティア保険とは、活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償するものです。

長期的に活動を続ける場合は、年間250円~1,400円と低価格なので加入しておきましょう。

ボランティアの注意点|活動のとき気を付けるべき7つのポイント

愛知県のボランティアについて相談するならボランティアセンター

ボランティアセンターとは、「ボランティアを募集する団体」と「ボランティアをしたい人」を繋げる施設です。

全国にボランティアセンターはあり、大学や社会福祉協議会、NPO法人などが運営しています。

ボランティアをしたいと思ったら、ボランティアセンターを訪れるもの一つの選択肢です。

ボランティアセンターには、ボランティアコーディネーターがいて、あなたに合ったボランティアを紹介してくれます。

あなたの住む地域にもボランティアセンターはあるはずです。

ボランティアに関する相談がある場合は、お近くのボランティアセンターで相談しましょう。

ボランティアセンターとは?目的や5つの役割、開催している講座を解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、愛知県のボランティアについて解説しました。

ボランティア経験は、今後の人生に大きな影響を与えるものだと思います。

あなたが、素敵なボランティアをできることを祈っています。

また、ボランティアに参加しようとお考えの方は、ぜひこちらの書籍も読んでおきましょう。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました