スポンサーリンク

【保存版】ボランティアとは?語源から4つの原則、選び方まで詳しく解説

ボランティア

ボランティアとは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

語源は、ラテン語のvoluntusと言われており、意味は「自由意志・自ら進んでやること」です。

日本では、無償という意味合いが強いですが、自発的に支援したいという想いが本来のボランティアの目的であり、有償・無償は本質的な問題ではないと考えられています。

ボランティア活動をしている人はどのくらい??

全国の社会福祉協議会が把握している日本のボランティアの人数は、平成30年4月時点では 7,678,699人となっています。

日本でボランティアっていつから広まったの?

1995年の阪神・淡路大震災では、全国から大勢のボランティアが被災地に駆け、それを機に多くの人がボランティアに関心を持つようになり「ボランティア元年」と呼ばれております。

スポンサーリンク

ボランティアの4原則

ここでは、文部省が定めるボランティア活動の基本理念4つを紹介します。

自主性・自発性

ボランティアは誰かから支持されて受動的に行うのではなく、個人の自発的な意思をもとに主体的に行うものです。

社会性・連帯性

活動する際は、社会の一員としての自覚を持ち、周囲を尊重して協力することが大切です。

無償性・無給性

活動の対価として見返りを求めないことが、ボランティアの基本です。

交通費や宿泊費など一部を報酬として支払う場合もありますが、見返りを求めないことが大切であり、有償・無償は本質的な問題ではないと考えられています。

創造性・開拓性・先駆性

ボランティアは、行政よりも自由で創造性をもって活動することが求められます。

そのため、必要に応じて工夫をしたり、全く新しいものを創り出す先駆性が大切です。

気になるボランティアと色々な違い

続いて、気になるボランティアと色々な違いについて解説します。

比べる5つの項目
有償ボランティア
プロボノ
NPO/NGO
福祉事業
フィランソロピー

ボランティアと有償ボランティアの違い

ボランティアなのにお金がもらえる有償ボランティアって何??

一般的に有償ボランティアとは、給料まではいかないがボランティア活動の謝礼として金銭を受け取る場合を差します。

また、交通費や宿泊費を渡す場合も、有償ボランティアとみなされることがあります。

しかし、有償ボランティアに明確な定義はありません。

自発的に支援したいという想いが本来のボランティアの目的であり、有償・無償は本質的な問題ではないと考えられています。

有償ボランティアの例
治験ボランティア
学習支援ボランティア
介護ボランティア

ボランティアとプロボノの違い

プロボノとは、一言で表すと社会人のボランティアです。

ボランティアとの違いは、専門知識やスキルにあります。

プロボノでは、専門知識やスキルをもとに活動をします。

一方ボランティアでは、スキルは必要なく、だれでも活動できることが多いです。

しかし、明確に違いが定義されているわけではありません。

NPO/NGOとボランティアの違い

NPO(非営利組織)やNGO(非政府組織)は団体として活動しており、ボランティアは団体に所属する個人や個人的な活動を差します。

そのため、組織と個人の違いがあります。

NPOとNGOの違いについてはこちら

福祉事業とボランティアの違い

基本的に、福祉事業は行政や企業が行うもので、ボランティアはそれでは補えない部分を行うという違いがあります。

また、その他の理由としては、 サービスの利用者が、無償だと気を遣ってしまう、生活するためには活動者もお金が必要などが挙げられます。

ボランティアとフィランソロピーの違い

フィランソロピーとは、ギリシャ語の「愛(Phil)」と「人類(Anthropy)」を合わせた造語で、幅広い社会貢献活動のことを表します。

フィランソロピーには、皆さんが知っているボランティアより強い概念があります。

ボランティアとの違いをまとめてみました。

 フィランソロピーボランティア
語源人類愛自発性
対価何でも労働力
規模
持続性ありなし
社会的影響力

フィランソロピーは、社会的影響力がボランティアと比較できないくらい大きく、持続性もあります。

ボランティアの種類ってどれくらい??

ボランティアをやってみたいけど、どんな種類があるの?

こんな疑問を持っているのではないでしょうか?

ボランティアをやろうと思っても、たくさん種類があってよくわからないですよね。

そんなモヤモヤを整理するため、主要な14種類をまとめています。

年代別!ボランティアの探し方

ボランティアをしたいと思ったけどどうやって探せばいいかわからない。。。

100人以上のボランティアをする様々な年代の方に、お話を伺った内容をもとにボランティアの探し方を作成しました。

あなたに合った年代の章をご覧ください。

中学生・高校生編

学校から申し込む

学校が募集しているボランティアは、安心して大丈夫です。

気になるボランティアが学校で募集していれば、そちらから参加しましょう。

自治体から申し込む

家の近くでボランティアをしたい場合は、ボランティアセンターでの応募がオススメです。

ボランティアセンターとは、市区町村が管理しており、ボランティアを活性化する組織になります。

そのため、あなたの住む町にも必ずボランティアセンターがあるので、一度検索してみてください。

ウェブで申し込む

webで応募するならactivoがおすすめです!

activoは、国内で最もアクセス数の多いボランティア・NPO求人のサイトです。

小学生からシニアの方々まで、様々な世代の方々が参加できるボランティアの募集情報が掲載されています。

高校生・中学生が参加できる数多く掲載されています。

ボランティア募集情報満載!
ボランティア募集情報を探すなら、activo(アクティボ)!ボランティア、NPO・NGOでのインターン、社会貢献に関連するイベント、スタディツアー、サークルメンバー、プロボノなど、全国の様々な募集情報を広く掲載している国内最大のボランティアデータベースサイトです。大学生向けの情報だけでなく、小中学生、高校生、社会人向け...

その他中高生のボランティアについてはこちら

大学生編

家の近くで活動したい

家の近くで活動したい場合は、ボランティアセンターでの応募がおすすめです。

ボランティアセンターとは、市区町村が管理しており、ボランティアの活性化を図る組織になります。

そのため、あなたの住む町にも必ずボランティアセンターがあるので、一度検索してみてください。

活動している人と事前に会いたい

活動している人と事前に会いたい場合は、イベントに参加してみましょう。

ボランティア団体やNPO法人が主催するイベントでは、終わり際にボランティアへの参加を募集しすることが多いです。

実際に活動している人を知ってから、ボランティアを行えるので安心感は大変大きいです。

イベントは、Facebookのイベントページやpeatixなどで毎日のように開催されています。

長期間ボランティアしたい

長期でボランティアをしたい方は、学生団体がおすすめです。

同じ関心分野の仲間に出会うことができ、大学生活が充実すること間違いないです。

学生団体はTwitterでの活動が盛んなため、団体のアカウントにDMで見学依頼を送りましょう。

たくさんの選択肢の中から選びたい

たくさんの活動を知りたい方は、ボランティア募集のまとめサイトから申し込みましょう。

まとめサイトから申し込むことで、今まで知らなかった活動や新たな関心分野が生まれるかもしれません。

その他大学生のボランティアについてはこちら

社会人編

団体の理念や活動に共感できる

団体の理念や活動に、強く共感する必要があります。

共感できない場合は、活動は控えましょう。

お互いにとって活動が負担になってしまいます。

自身のスキルを活かせる

自身のスキルを活かせる環境を選びましょう。

スキルやできることを明確にして、やりたいことを伝える必要があります。

やりたいことを伝えないと、スキルを活かせない場合もあります。

自分がやっていて楽しい

一番大切なことは、自分がやっていて楽しいかどうかです。

やってみて合わないなと思ったら、無理に続ける必要はありません。

まずは気になる団体に連絡を取り、詳しく話を聞いてみましょう。

オススメの社会人向けボランティア募集サイト5選

その他社会人のボランティアについてはこちら

もっと詳しいボランティアの探し方はこちら

シニア編

「ボランティアセンター」に連絡を取る

家の近くで活動したい場合は、ボランティアセンターでの応募がおすすめです。

ボランティアセンターとは、市区町村が管理しており、ボランティアの活性化を図る組織になります。

そのため、あなたの住む町にも必ずボランティアセンターがあるので、一度検索してみてください。

インターネットで探す

webで応募するならactivoがおすすめです!

activoは、国内で最もアクセス数の多いボランティア求人のサイトです。

小学生からシニアの方々まで、様々な世代の方々が参加できるボランティアの募集情報が掲載されています。

シニアが参加できる数も多く掲載されています。

イベントに参加する

活動している人と事前に会いたい場合は、イベントに参加してみましょう。

ボランティア団体やNPO法人が主催するイベントでは、終わり際にボランティアへの参加を募集しすることが多いです。

実際に活動している人を知ってから、ボランティアを行えるので安心感は大変大きいです。

イベントは、Facebookのイベントページやpeatixなどで毎日のように開催されています。

シニアのボランティアについてはこちら

もっと詳しいボランティアの探し方はこちら

ボランティアのメリット

幅広い世代の人と交流できる

ボランティアでは、様々な年代の人と交流しながら活動を行います。

子どもに関するボランティアでは幼い子どもを、介護ボランティアではお年寄りを相手にするため、幅広い世代と交流できます。

そのため、人脈が広がったり、新たな気づきが生まれることも少なくありません。

会社や学校だけでなく、新しいコミュニティを探すという意味でもボランティアに参加してみてはいかがでしょうか?

普段できないような体験ができる

ボランティアでは、普段できないような体験ができます。

なかなかお金で買うことができない体験や経験は、大きなボランティアのメリットと言えるでしょう

Twitterアンケートでは、海外の幼稚園での活動やウミガメの保全活動、養護施設での活動など日常で体験できない活動をしている方が多くいらっしゃいました。

自分の活動が社会貢献に繋がってると実感できる

どんな会社も社会貢献をしていますが、なかなか実感が湧きにくいものだと思います。

一方ボランティアでは、直接社会貢献できている実感を得られます。

そういった点から、達成感や生きがい、やりがいを感じる方が多いです。

その他ボランティアのメリットはこちら

ボランティアの注意点

活動対象者の気持ちを尊重する

ボランティアが単なる「自己満足」にならないよう、相手の立場に立って気持ちを尊重しましょう。

自分の思い込みで活動するのではなく、相手が何を必要としているのか考えて活動することがボランティアの基本となります。

プライバシーを守る

ボランティアを通して知った対象者に関する情報は、絶対に第三者に漏れないように注意しましょう。

写真などの取扱も十分に注意し、SNSで発信する際は必ず許可をとりましょう。

ボランティア保険に加入しよう

ボランティア保険とは、活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償するものです。

長期的に活動を続ける場合は、年間250円~1,400円と低価格なので加入しておきましょう。

その他ボランティアの注意点はこちら

最後に:ボランティアを仕事にするには

ボランティアや社会貢献を仕事にするには、NPOやソーシャルビジネスしかないと思っていませんか?

そんなことはありません。

ボランティアや社会貢献を仕事にするには大きく3種類、細かく分けると9種類あります。

気になる方はぜひこちらもご覧ください。


スポンサーリンク
プロフィール
COCOCOLOR EARTH代表
吉田 宏輝

中学3年の時にサッカーで全治1年の怪我を負い、その時に読んだ本に影響を受け経営者を志す。

しかし、大学2年の春にタイの孤児院に行き、自分は経営者になりたいのではなく、社会貢献をしたいということに気づく。

その後、「ボランティアを職業にする」というビジョンを掲げ、現在は社会貢献を仕事にする方々のインタビューメディアを運営。

吉田 宏輝をフォローする
ボランティア
ボランティアを職業にする人.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました