スポンサーリンク

高校生・中学生のボランティア|参加できる種類や探し方、参加するときの注意を徹底解説

ボランティア

どうすれば高校生でもボランティアに参加できるの?

中学生が参加できるボランティアってあるの??

安心してください。

中学生でも高校生でもボランティア活動に参加することは可能です。

今回の記事では、気になる参加できる種類や探し方、参加するときの注意を徹底解説しています。

ボランティアを職業にする人

高校時代にボランティア経験のある仲間から、取材した内容をもとに作成しています!

スポンサーリンク

高校生がボランティアをする2つのメリット

人脈が広がる

普段の学校生活では、絶対に出会えないような方々と出会えます。

人脈は、人生を豊かにするうえでも欠かせない財産の一つです。

参加者は、小学生から高齢者まで実に幅広く、立場や性別を問わずに日常で関わることがないような人が集まります。

また、ボランティア活動に参加している人は心優しい方が多く、人生に困ったときには助けてくれるでしょう。

視野が広がる

ボランティアで視野が広がることは間違いないです。

普段の生活では、関わることのない人や場所で、今まではニュースで見るだけの社会課題に対面します。

自分の知らなかった世界や問題に肌で触れることで、新たな価値観や社会に対する認識を獲得できます。

ボランティア活動は、無料で社会勉強できる機会です。

その他ボランティアのメリットはこちら

高校生にオススメのボランティア3選

ボランティアを職業にする人
 

高校生にオススメのボランティアを3つ紹介します!

環境保全ボランティア

環境保全ボランティアとは、地球温暖化や生態系破壊、砂漠化現象などの環境問題に取り組む活動

1日だけのも可能で、気軽に参加できます。

必要なスキルや経験もなく、高校生・中学生が最も参加しやすいボランティアです。

具体例
植林やゴミ拾い、ビーチクリーンなど

スポーツボランティア

スポーツボランティアは、イベント運営だけでなく、スポーツすべてを支える活動

普段は見れない角度からスポーツ観戦ができたり、選手の裏の顔が見えたりするチャンスもあります。

ちなみにスポーツボランティアは、大きく3つ。

①クラブチームなどを支援する定期ボランティア
②マラソンなどイベントごとの短期ボランティア
③プロ選手によるボランティア

みんなが参加できるのは①と②です。

子どもに関するボランティア

子どもの安心安全のためには、ボランティアの存在が欠かせません。

保育園や児童館で子どもと触れ合うボランティアがオススメです。

虐待や孤独の問題に関するボランティアもありますが、高校生が参加するのは難しいかもしれません。

具体例
児童館やいじめ相談所、子ども食堂など
ボランティアを職業にする人

そのほかにもボランティアの種類はたくさんあります!

ボランティアの選び方

興味・関心のある「社会課題」からを選ぶ

「教育」・「国際協力」・「貧困」・「福祉」・「障がい」・「難民」・「環境」・「医療」・「動物」・「災害」・「地方創生」・「スポーツ」・「農業」・「ジェンダー」など様々な社会課題があります。

その中で、あなたが興味のあるジャンルからボランティアを探すことで、より関心を深められます。

そんなに関心のあるジャンルがなければ、次に紹介する活動頻度や活動場所など別の方法で探してみましょう。

活動の頻度を考える

ボランティア活動は、一回だけの場合もあれば毎週定期の場合もあります。

学校の授業や部活と両立できるよう、まずは単発のボランティアから参加することがオススメです。

いきなり毎週や月数回の定期のボランティアを申し込んでしまうとそちらが忙しくなり、学校生活が怠ってしまう可能性があります。

回数をこなしてから徐々に増やしていきましょう。

ボランティアの応募方法

ボランティアは、安全な団体の活動に参加しましょう。

ごくたまにボランティアという名目で単純な労働をさせられてしまう場合もあります。

ここでは安心して応募できる方法を紹介します。

学校から申し込む

学校が募集しているボランティアは、安心して大丈夫です。

気になるボランティアが学校で募集していれば、そちらから参加しましょう。

自治体から申し込む

家の近くでボランティアをしたい場合は、ボランティアセンターでの応募がオススメです。

ボランティアセンターとは、市区町村が管理しており、ボランティアを活性化する組織になります。

そのため、あなたの住む町にも必ずボランティアセンターがあるので、一度検索してみてください。

ウェブで申し込む

webで応募するならactivoがおすすめです!

activoは、国内で最もアクセス数の多いボランティア・NPO求人のサイトです。

小学生からシニアの方々まで、様々な世代の方々が参加できるボランティアの募集情報が掲載されています。

高校生・中学生が参加できる数多く掲載されています。

ボランティアを職業にする人

activoの代表の方とお話をしたことがあり、とてもいい方でした!

ボランティア募集情報満載!
ボランティア募集情報を探すなら、activo(アクティボ)!ボランティア、NPO・NGOでのインターン、社会貢献に関連するイベント、スタディツアー、サークルメンバー、プロボノなど、全国の様々な募集情報を広く掲載している国内最大のボランティアデータベースサイトです。大学生向けの情報だけでなく、小中学生、高校生、社会人向け...

最後にボランティアをするときの注意点を5つ紹介

最後にあなたがボランティアをする際に、必ず気を付けるべき5つを紹介します。

活動対象者の気持ちを尊重する

ボランティアが単なる「自己満足」にならないよう、相手の立場に立って気持ちを尊重しましょう。

自分の思い込みで活動するのではなく、相手が何を必要としているのか考えて活動することがボランティアの基本となります。

プライバシーを守る

ボランティアを通して知った対象者に関する情報は、絶対に第三者に漏れないように注意しましょう。

写真などの取扱も十分に注意し、SNSで発信する際は必ず許可をとりましょう。

心配なことはすぐに相談する

活動をする中で様々な問題に直面します。

その時に問題を一人で抱え込まず、担当の職員やメンバーに必ず相談しましょう。

決して自分の意志だけで行動してはいけません。

無理なく継続できる活動をする

自分の生活を犠牲にしてまで、ボランティア活動を行う必要はありません。

無理なく自分のペースで活動することが長続きの秘訣です。

ボランティア保険に加入を検討しよう

ボランティア保険とは、活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償するものです。

長期的に活動を続ける場合は、年間250円~1,400円と低価格なので加入しておきましょう。

ボランティア経験は今後の人生に大きな影響を与えるものだと思います。

素敵なボランティアをできることを祈っています。


スポンサーリンク
プロフィール
COCOCOLOR EARTH代表
吉田 宏輝

中学3年の時にサッカーで全治1年の怪我を負い、その時に読んだ本に影響を受け経営者を志す。

しかし、大学2年の春にタイの孤児院に行き、自分は経営者になりたいのではなく、社会貢献をしたいということに気づく。

その後、「ボランティアを職業にする」というビジョンを掲げ、現在は社会貢献を仕事にする方々のインタビューメディアを運営。

吉田 宏輝をフォローする
ボランティア
ボランティアを職業にする人.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました