スポンサーリンク

シャドウワークとは?ボランティアとの違いや問題点を解説

Pocket

シャドウワークって何??

ボランティアとの違いは??

このような疑問を抱えているのではないでしょうか?

シャドウワークとは、報酬を受けないが社会・経済の基盤を支えるために必要不可欠な労働です。

例えば、家事や育児、サラリーマンのサービス残業などが含まれます。

この記事では、ボランティアとの違いや問題点を解説します。

スポンサーリンク

シャドウワークとは

シャドウワークとは、報酬を受けないが社会・経済の基盤を支えるために必要不可欠な労働です。

具体的には、家事や育児だけでなく、サ―ビス残業や上司との望まない飲み会なども含まれます。

シャドウワークは、オーストリアの哲学者、イヴァン・イリイチが提唱しました。

シャドウワークとボランティアの違い

シャドウワークとボランティアの違いは、「自発的」であるか否かにあります。

ボランティアとは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

一方のアンペイドワークは、自発的か否かは関係ありません。

例えば、サービス残業や断れず地域活動に参加するなどは、シャドウワークですが、ボランティアには当てはまらないのです。

ボランティアとは?定義や語源、4つの原則、探し方までわかりやすく解説

シャドウワークとアンペイドワークの違い

シャドウワークと似ている言葉に、アンペイドワークというものがあります。

アンペイドワークとは、経済活動外で行われる無償労働を表します。

具体的には、家事や育児、介護、地域活動などです。

しかし、サービス残業や上司との飲み会は当てはまりません。

そのため、厳密には意味が異なります。

アンペイドワークとは?ボランティアとの違いやジェンダー問題を解説

アンペイドワークとサービス残業

日本労働組合総連合会による調査では、1ヶ月の平均的なサービス残業は16.7時間です。

10時間未満が59.7%、10時間から20時間未満が16.8%との結果が出ています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シャドウワークには、家事や育児だけでなく、サ―ビス残業や上司との望まない飲み会なども含まれます。

この機会にあなたのシャドウワークについても考えてみてはいかがでしょうか?

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました