スポンサーリンク

アンペイドワークとは?ボランティアとの違いやジェンダー問題を解説

Pocket

アンペイドワークって何??

ボランティアとの違いは?

こんな疑問を抱えているのではないでしょうか?

アンペイドワークとは、経済活動外で行われる無償労働を表します。

具体的には、家事や育児、介護、地域活動などが当てはまります。

アンペイドワークとボランティアの違いやジェンダー問題について解説します。

 

スポンサーリンク

アンペイドワークとは?

アンペイドワークとは、経済活動外で行われる無償労働を表します。

具体的には、家事や育児、介護、地域活動などです。

アンペイドワークは、生活を営む上で欠かせないものであります。

反対に、経済的な利益を生み出す賃金労働は、ペイドワークと言われています。

アンペイドワークとボランティアの違い

アンペイドワークとボランティアの違いは、「自発的」であるか否かにあります。

ボランティアとは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

一方のアンペイドワークは、自発的か否かは関係ありません。

例えば、嫌々洗濯をする、断れず地域活動に参加するなどは、アンペイドワークですが、ボランティアには当てはまらないのです。

ボランティアとは?定義や語源、4つの原則、探し方までわかりやすく解説

アンペイドワークとシャドウワークの違い

アンペイドワークと似ている言葉に、シャドウワークというものがあります。

シャドウワークには、家事や育児だけではなく、サラリーマンの通勤時間やサービス残業も含まれます。

また、上司との飲み会や仕事のための自己啓発も当てはまるのです。

そのため、厳密には意味が異なります。

アンペイドワークの問題点

アンペイドワークは、女性が担うことが多いとされています。

実際に、日本では、1997年に経済企画庁が発表した『無償労働の貨幣評価についての報告』によると、アンペイドワークの90%を女性が担っていることが明らかになりました。

現在では、割合が下がっていると考えられますが、依然として女性の割合が高いことには変わりないでしょう。

また、経済産業省の試算では、専業主婦が行う家事や子育てなどのアンペイドワーク年間で410万円の働きであるとされています。

さらに、アンペイドワークは経済学の対象とはならず、GDP(国内総生産)にも含まれません。

これでは、アンペイドワークに価値がないのと言われているようなものです。

アンペイドワークを考えることはジェンダー問題の解決にも繋がるでしょう。

ボランティアの問題点?4つのデメリットと背景を解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アンペイドワークとは、経済活動外で行われる無償労働です。

アンペイドワークは、ジェンダー問題と密に関わりがあることがわかりました。

この機会に、アンペイドワークについて考えてみてください。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました