スポンサーリンク

傾聴ボランティアとは?初めてのあなたへ始め方や探し方、傾聴のポイントを解説!

Pocket

傾聴ボランティアをやってみたいけど、どうやって始めればいいの?

こんな疑問を抱えてこのサイトに訪れたあなたへ、傾聴ボランティアの基本について解説します。

傾聴ボランティアとは、「相手のお話を聴く」ボランティアです。

傾聴には、安心感を与えたり、気持ちをスッキリとさせる効果があります。

それでは、傾聴ボランティアの種類や始め方、注意点などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

傾聴ボランティアとは

傾聴ボランティアとは、相手のお話を聴くボランティアです。

ただ「聞く」のではなく、相手を否定せず受けとめて「聴く」ことが大切になります。

話を聴いてもらうことで、相手の心が軽くなったり、不安が軽減されたりするのです。

しかし、話を聴くなかで、解決してあげたいと思い、聴く以上に手を差し伸べてしまうと傾聴の枠を超えてしまいます。

ボランティアの定義を知りたい!

傾聴とは

そもそも傾聴とはなんでしょうか?

傾聴とは、相手を否定せず、耳も心傾けて話を聴く会話の技術です。

傾聴には2つのポイントがあります。

この2つを意識してみましょう!

1⃣受容:相手を受け入れる
2⃣共感:話を聞いて共感をする

傾聴ボランティアの効果

自己肯定感や安心感が高まる

しっかりと話を聴いてもらえるため、自己肯定感や安心感が高まります。

否定や非難、無関心など、求めていない意見や的外れなアドバイスをされると、人は不安や不満を感じます。

しかし、傾聴では、相手を否定せず、耳も心傾けて話を聴く会話のため、安心感を与えることが可能です。

気持ちがスッキリする

人は話すことによって、自分の状況や課題が頭の中が整理されます。

その結果、自己理解が深まり、自律的に納得した結果に至ることもあります。

脳が活性化される

一人暮らしの高齢者は、会話をする機会がほとんどないため、脳の機能はどんどん低下してしまいます。

その結果、認知機能が衰え、認知症の発症の可能性が高まってしまうのです。

傾聴ボランティアでは、高齢者の脳が活性化する効果もあります。

傾聴ボランティアの種類は??

傾聴ボランティアと聞くと高齢者を対象にするイメージがあるかもしれません。

しかし、傾聴をする相手は、高齢者だけではありません。

ここでは、いくつかの傾聴ボランティアを紹介します。

・高齢者に関する傾聴ボランティア
・子育てに関する傾聴ボランティア
・障がいに関する傾聴ボランティア
・キャリアに関する傾聴ボランティア
・その他いろいろな悩みに関する傾聴ボランティア

傾聴ボランティア以外のボランティアも知りたい!

傾聴ボランティア養成講座に参加してみよう。

傾聴ボランティアに資格は必要ありませんが、傾聴のスキルは必要です。

まずは、ボランティアセンターで開催されている傾聴ボランティア養成講座に参加してみることもオススメです。

必ず参加しなければならない講座ではないため、時間に余裕があれば検討してみてください。

傾聴ボランティアの探し方

自治体から申し込む

地元の団体でボランティアをしたい場合は、ボランティアセンターでの応募がオススメです。

ボランティアセンターとは、市区町村が管理しており、ボランティアを活性化する組織になります。

そのため、あなたの住む町にも必ずボランティアセンターがあるので、一度検索してみてください。

ウェブで申し込む

webサイトから応募するならactivoがおすすめです。

activoは、国内で最もアクセス数の多いボランティア・NPO求人のサイトです。

小学生からシニアの方々まで、様々な世代の方々が参加できるボランティアの募集情報が掲載されています。

ボランティアの探し方を詳しく知りたい!

傾聴ボランティアの注意点

プライバシーを守る

ボランティアを通して知った対象者に関する情報は、絶対に第三者に漏れないように注意しましょう。

写真などの取扱も十分に注意しで発信する際は必ず許可をとりましょう。

無理なく継続できる活動をする

自分の生活を犠牲にしてまで、ボランティア活動を行う必要はありません。

無理なく自分のペース

で活動することが長続きの秘訣です。

相手の話を否定しない

傾聴ボランティアでは、相手を否定してはいけません。

会話に寄り添いながら、アドバイスをしたり否定するのではなく、耳を傾けてください。

ボランティアの注意点|活動のとき気を付けるべき7つのポイント

まとめ

いかがでしたでしょうか?

傾聴ボランティアとは、「相手のお話を聴く」ボランティアです。

活動に参加する際は、ただ「聞く」のではなく、相手を否定せず受けとめて「聴く」ことを意識しましょう。

また、ボランティアについてもっと知りたい方は、ぜひこちらの書籍をご覧ください!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました