スポンサーリンク

慈善活動とは?ボランティアとの違いや活動の種類を解説!

ボランティア

 

慈善活動って結局どんな活動なの?

慈善活動と聞くとどんな印象を持つでしょうか?

この記事では、慈善活動の定義やボランティアとの違いを解説します!

スポンサーリンク

慈善活動とは?

広辞苑によると「慈善」とは以下の意味になります。

①あわれみいつくしむこと。情けをかけること。
②特に、不幸・災害にあって困っている人などを援助すること。「―家」

つまり、慈善活動とは、困っている人を援助することであると理解できます。

また、慈善活動はフィランソロピーやチャリティーと同義語と考えられています。

フィランソロピーとは 、ギリシャ語の「愛(Phil)」と「人類(Anthropy)」を合わせた造語で、幅広い社会貢献活動のことを表します。

フィランソロピーを詳しく知りたい

ボランティアと慈善活動の違い

ボランティアとは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

語源は、ラテン語のvoluntusと言われており、意味は「自由意志・自ら進んでやること」です。

慈善活動との違いは、範囲にあります。

ボランティアの対価は労働力ですが、慈善活動は労働力だけとは限りません。

つまり、慈善活動の一つがボランティアなのです。

ボランティアを詳しく知りたい

慈善活動はどんな種類がある?

ボランティア

日本では、無償という意味合いが強いですが、自発的に支援したいという想いが本来のボランティアの目的であり、有償・無償は本質的な問題ではないと考えられています。

全国の社会福祉協議会が把握している日本のボランティアの人数は、平成30年4月時点では 7,678,699人となっています。

ボランティアには、様々な種類がありあなたに合うものあるはずです。

ボランティアの種類を知りたい

寄付

寄付も慈善活動の一つです・

寄付をすることで、あなたが課題に感じている問題に取り組むことができます。

Twitterで実際に寄付をしている方々の「寄付先」を教えていただきました。

たくさんの回答をいただきましたので、ぜひこちらの記事をご覧ください。

日常の行動を少し意識する

実は、日常の行動を少し意識するだけでも、慈善活動になります。

例えば、電気はこまめに消すことです。

電気は、点灯時に一番電力がかかります。

そのため、7秒以上その場から離れるなら消灯した方が節電につながり、CO2の排出も抑えられます。

このように、少しだけ意識するだけでも継続することで大きな効果が生まれます。

日常でできる社会にいいことを知りたい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

慈善活動とは、困っている人を援助することです。

また、慈善活動はフィランソロピーやチャリティーと同義語と考えられています。

そして、ボランティアと慈善活動の違いは、範囲にあります。

ボランティアの対価は労働力ですが、慈善活動は労働力だけとは限りません。

この機会に以下のような違いについても学んでみませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました