スポンサーリンク

【体験談】おすすめ就活サービス9選!ランキング別に紹介

Pocket

就活サービスがたくさんありすぎてわからない。。。

いい就活サービスと出会いたい!

結局どのサービスを使えばいいの?

このような悩みを抱えているのではないでしょうか?

私自身、就活生の時は同じ悩みを抱えていました。

そこで、私が就活の時に使っていたサービスをおすすめ順に9つ紹介します。

スポンサーリンク

1位:iroots(アイルーツ)

22卒学生600名に聞く「オンライン就活」意識調査 オンライン就活をすることについて、7割が「メリットを感じる」と回答。 ―『iroots』ユーザーアンケート集計結果―  | エン・ジャパン(en Japan)
〇サービス概要
「iroots」は、性格・価値観を可視化する新卒学生向けスカウトサイトです。
幼少期から今までの経験を整理してプロフィールを書くだけで、あなたの“活きる”企業からスカウトが届きます。
さらに、社会貢献・成長環境・透明性の3軸で選抜された企業のみが掲載されています。
運営会社:エン・ジャパン株式会社

優良企業が多い

社会貢献・成長環境・透明性を基準に厳選された企業のみが掲載されているため、優良企業からのスカウトが届きます。

実際に、他の逆求人サイトよりもオファーが届く数は少なかったですが、優良企業以外からのオファーは届かなかったです。

社会貢献の基準があるため、社会貢献を仕事にしたい方にとってはうれしいですね。

選考一部免除が他サイトよりも多い

これは、実体験にはなりますが、選考一部免除が他サイトよりも多い印象があります。

オファーが届くと選考がスキップされることはよくありますが、irootsでは2次試験まで免除なんてことが多々ありました。

自己分析をもとにオファーが届く

しっかりとした性格診断テストがあり、その結果も踏まえたうえでオファーが届きます。

事前に性格を把握してもらったうえで、選考に進めるので安心感がありました。

おすすめポイント
・優良企業が多い
・選考スキップが他サイトよりも多い
・自己分析をもとにオファーが届く

irootsを使ってみる

2位:Goodfind(グッドファインド)

〇サービス概要
Goodfindは、「真に社会で求められる知恵の共有」をテーマに掲げ、新産業・新事業に挑戦する企業を紹介しています。
セミナーや説明会、人材紹介などを行っています。
中には、Goodfind限定の選考フローや募集枠があります。
運営会社:スローガン株式会社

ハイレベルなセミナーで学ぶ

面接対策からグループディスカッションの講座まで、就活に関する知識をハイレベルに学べます。

これまで数多くの難関企業内定者を輩出してきた講師による講義です。

厳選企業に出会える

Goodfindでは、30~50社と厳選された企業のみが掲載されています。

どの企業も新産業・新事業に挑戦しているので、メガベンチャー~ベンチャーを目指している方にはとてもおすすめです。

限定の選考フローも!

限定の選考フローや役員直下の募集などもGoodfindの魅力です。

また、エージェントからの紹介のみのフローも!

おすすめポイント
・厳選企業に出会える
・理念を大切にしている企業に出会える
・エージェントの質が高い

Goodfindを使ってみる

3位:OfferBox(オファーボックス)

〇サービス概要
OfferBox は、企業が興味をもった学生にオファーする就活サイトです。
企業が学生に送るオファー数には上限が設定されています。
そのため、企業はあなたの自己PRやエピソードなどのプロフィールを読み、1通1通厳選してオファーを送ります。
運営会社:株式会社i-plug

登録企業数が圧倒的

登録企業数が8,473 社以上と逆求人サイトの中では、最多の母数があります。

そのため、より多くの企業と出会うきっかけとなります。

irootsでは、知っている企業からのスカウトが多かったですが、OfferBox では知らない企業からのスカウトもたくさん届き新たな出会いがありました。

登録企業が送れるスカウトは1社100通まで

登録企業が送れるスカウト数が決まっているため、企業もしっかりと学生を選定したうえでオファーが届きます。

このように聞くと、自分にスカウトが届くか不安になっていませんか?

プロフィール80%以上入力でスカウト受信率93.6%という実績があるので安心して使ってみてください。

官公庁からスカウトが来ることも??

経済産業省など官公庁もOfferBox を利用しています。

私にスカウトは届きませんでしたが、友人には届いていました。

おすすめポイント
・登録企業数が圧倒的
・登録企業が送れるスカウトは1社100通まで
・官公庁からオファーが来ることも??

OfferBoxを使ってみる

4位:Wantedly(ウォンテッドリー)

https://www.wantedly.com/
〇サービス概要
有名企業やベンチャー、スタートアップ企業に気軽にインタビューできるビジネスSNSです。
キラっと光るシゴトやプロジェクト、会社を見つけてエントリーしましょう。
プロフィールを充実させることで、採用担当者からスカウトが来ることも!
運営会社:ウォンテッドリー株式会社

ベンチャー企業を見つけやすい

Wantedlyの登録会社数は40,000社を超え、たくさんのベンチャー企業に出会うことができます。

また、検索機能が充実しているため、あなたに合った企業が見つけやすいです。

給与・待遇の記載がNG

社風や方針、共に働く社員を知り、その活動に興味を持った求職者に応募してもらう “共感採用” を目指しています。
そのため、給与などの条件面に左右されないよう、給与・待遇の記載がNGとなっています。

スカウトが来ることも

プロフィールを充実させることで、スカウトが届くこともあります。

スカウトには、「スカウト」と「プレミアスカウト」の2種類があります

スカウトは、1社あたり月に50通しか送れないため、かなり本気度が高いです。

おすすめポイント
・ベンチャーが見つけやすい
・共感を重視するなら使うべき
・気軽に話が聞ける

Wantedlyを使ってみる

5位:キミスカ

キミスカ|1社の就活選考で複数社からスカウト
〇サービス概要
キミスカ は、スカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。
企業の採用担当者が登録された学生のプロフィールをチェックして、気になったユーザーにスカウトメッセージを送ります。
学生と企業の間でメッセージのやりとりを行い、面談等で信頼関係が築けたタイミングで面接や説明会に進みます。
運営会社:株式会社グローアップ

出会う機会の少ない中小企業からスカウトが届く

キミスカ は、中小企業からのスカウトが多い印象を受けました。

知っている企業からのスカウトは少なく、新たな出会いを求める方にオススメです。

たくさんスカウトが来る

キミスカ では、上記2つのサイトよりもたくさんのスカウトが届きます。

たくさんのオファーが届くため、登録しているだけで安心感を得ることができました。

特に面接に落ち続けているときなど落ち込んでいるときに、スカウトが届くと気が少し楽になります。

スカウトにランクがある

スカウトには「プラチナ・本気・気になる」の3種類のランクがあります。

プラチナは月30通、本気は月100通・気になるは」無制限です。

スカウトの本気度がわかるため、安心して利用することができました。

おすすめポイント
・出会う機会の少ない中小企業からスカウトが届く
・たくさんスカウトが来る
・スカウトにランクがある

キミスカを使ってみる

6位:dodaキャンパス

〇サービス概要
dodaキャンパスは、逆求人・オファー型就活支援サイトです。
大学1,2年生から登録可能で、早期に就活対策を行えます。
早いうちから、セミナーやコラムを読むことで、将来の不安をぬぐえるでしょう。
運営会社:株式会社ベネッセi-キャリア

大手優良企業が多い

ベネッセが運営をしていることもあり、利用している企業の質が高いです。

日本を代表するパナソニックやYahoo!、日産、NTTデータなど4000社以上が契約しています。

ベネッセ独自の適性検査

適性検査をもとに、スカウトが届くため、ミスマッチを防げます。

自分の強みや弱みを知るきっかけにもなりますね。

大学1,2年生から登録できる

ほかの逆求人サイトと違う大きな点として、大学1,2年生から登録できることが挙げられます。

就活に対して不安を抱えているなら、とりあえず登録してみましょう!

おすすめポイント
・大手企業に勤めたいなら
・大学1,2年生でも登録できる
・とりあえず登録しておけばスカウトが届く

dodaキャンパスを使ってみる 

7位:ワンキャリア

〇サービス概要
ワンキャリア(ONE CAREER)は、「ワンランク上のキャリアを目指すこと」をコンセプトとしている就活サイトです。
本選考・インターンのES・面接・GD対策や自己分析のコツ、インターン等の就活イベントのクチコミ、説明会の情報など幅広い情報が掲載されています。
運営会社:株式会社ワンキャリア

就活体験談が豊富

ワンキャリアは就活体験談が豊富です。

ESの全文から面接の内容、気を付けるべきことなど細かく掲載されています。

私も面接を受ける前に必ず、ワンキャリアで企業の情報収集をしていました。

説明会が動画で見れる

ワンキャリアのYouTubeチャンネルでは、企業説明会を見ることができます。

説明会へ申し込む手間もなく」、」気になる企業を気軽に知ることができます。

優良な記事が多い

ワンキャリアの就活コラムは、就活界で有名なライターや就活を経験した学生が作成しています。

そのため、他媒体よりも質が高いと定評があります。

おすすめポイント
・就活体験記は必読!
・質の高い記事が多い
・説明会に行かなくても動画で見れる

8位:Matcher(マッチャー)

Matcher株式会社【マッチャー】
〇サービス概要
Matcher(マッチャ−)は、既存のOB訪問の敷居を低くし、所属大学や学年に関わらずOB訪問ができる全く新しいサービスです。
大学や学年に関係なく気になる企業の気になる社員にお話を伺えます。
運営会社:Matcher株式会社

気軽にOB訪問できる

マッチャ―では、気軽に社会人の方とお話することできます。

大学の先輩でなくてもお話を伺えるため、気になっている企業の方がいれば連絡をしてみましょう。

私自身も10人以上の方にOB訪問をしています。

自己分析が進む

マッチャ―では、自己分析をしてくれる方もいます。

自己分析が甘いと就活で行き詰ってしまうため、早めの対策が必要です。

リアルな話が聞ける

OB訪問をしてくれる方は、会社の業務ではなくほぼボランティアです。

そのため、会社の裏話やリアルな話をしてくれます。

志望度の高い企業を受ける前には、マッチャーを活用することをおすすめします!

おすすめポイント
・気軽に話せる
・リアルを知れる
・人脈が広がる

9位:Meets company (ミーツカンパニー)

〇サービス概要
MeetsCompany は、座談会形式の合同説明会です。
企業の社長や人事の採用権をもつ方と直接近い距離で話すことができます。最大8社の社長や人事と直接話すことで、自分の疑問点や業界についての理解がかなり深めることができます。
運営会社:株式会社DYM

採用権を持った人と話せる

MeetsCompanyでは、社長や人事責任者が登壇することが多く、評価につながりやすいです。

また、会社業界についても知識も深まるでしょう。

一度に最大8社と出会える

一日の合同説明会で最大8社の話を聞くことができます。

いろいろな業界の企業が参加するため、視野を広めるにはいい機会です。

私が参加したときは5社の企業が登壇していました。

特別選考フローも

社長や人事責任者が登壇することも多いため、特別フローが存在します。

内定獲得までスピーディに進められ、早期に内定を獲得することも可能です。

中には、即日内定が出ることも!

おすすめポイント
・様々な企業に出会える
・早期に内定がもらえるかも
・効率よく就活できる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

9つの就活サービスをランキングで紹介してきました。

ただし、就活サービスは人によって相性が異なるため、いろいろなサービスを試してあなたにとって一番良いものを見つけてください。

1位:iroots(アイルーツ)
2位:Goodfind(グッドファインド)
3位:OfferBox(オファーボックス)
4位:Wantedly(ウォンテッドリー)
5位:キミスカ
6位:dodaキャンパス
7位:ワンキャリア
8位:Matcher(マッチャー)
9位:Meets company (ミーツカンパニー)
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました