スポンサーリンク

介護ボランティアとは?老人ホームでの活動内容や参加するメリット、探し方を解説

ボランティア

最近、介護ボランティアが注目を集めています。

高齢化の中で高齢人口が増え、介護は慢性的な人手不足です。

自分がいざ介護をしなければならなくなった時に、介護ボランティアの経験があれば対応することができます。

子どもが自立し、時間に余裕があったり、大学の授業に余裕が出てきたら、介護ボランティアへの参加をおすすめします。

まずは介護ボランティアについて解説していきます。

スポンサーリンク

介護ボランティアとは

介護ボランティアとは、基本的に無償で介護を必要とする人の支援を行うことです。

ボランティアの種類はたくさんあり、一概に定義することは難しいです。

参加資格は18歳以上

参加資格については、一部の例外を除いて経験や特別な資格はありません。

基本的に18歳以上であれば、基本的にどなたでも申し込み可能です。

介護ボランティアの種類

独り暮らしの高齢者宅への訪問

独り暮らしの高齢者宅への訪問もボランティア活動の一つです。

実際の活動内容は、安否確認や高齢者の話し相手、部屋のお掃除、雪国では除雪作業などを行います。

傾聴ボランティアと言われることもあります。

傾聴ボランティアをもっと詳しく

老人ホームでのボランティア

介護ボランティアで一番オーソドックスなのが老人ホームでのボランティアです。

老人ホームでの活動には2つの目的があります。

①地域との交流

老人ホームでは、地域とは切り離されてしまうため、地域住民との交流が非常に大切になります。ボランティアの方々に来てもらうこと良い刺激を与えることができます。

②サービスの向上

イベントやレクリエーションの開催やスタッフのアシスタント業務を行うことでサービスの向上を目的としています。

老人ホームでのボランティア内容

〇生活支援
入居者の話し相手や散歩の補助、食事の配膳など。
〇趣味活動
手芸や囲碁、将棋など趣味を生かした交流やワークショップの開催など。
〇環境整備
バリアフリーの整備やイベントの準備・片付け、花壇や庭の手入れなど。
〇懇談会への参加
老人ホームでの活動や改善など意見交換への参加など
〇イベントボランティア
歌や舞踊、大道芸などのイベント開催

介護ボランティアで得られるメリット

介護ボランティアをすることで得られる4つのメリットについて紹介します。

介護経験を積むことができる

介護ボランティアを経験することで、いざ自分の親に介護が必要になったときに慌てず対応することができます。

また、将来介護業界で働きたいと思っている方は、介護業界で働く感覚をつかめます。

趣味を活かせる

趣味を披露する機会はなかなかないと思います。

ボランティア活動を通じて披露することで、新しい自分の可能性を見つけられるかもしれません。

人生の先輩からの学び

自分たちよりも人生経験豊富な方々からの学びは大きなメリットの一つといえるでしょう。

人生相談に乗ってもらい、アドバイスをいただくこともあるそうです。

生きがいや満足感得られる

介護ボランティアは大変やりがいのあるものです。

人の役に立て、とても感謝の言葉をいたけるため、生きがいで長く続けている方もいらっしゃいます。

介護ボランティアの探し方

市区町村や地域のセンターに問い合わせる

介護支援ボランティア制度という取り組みを導入している自治体があり、ボランティアをするごとにポイントが付与され換金や寄付ができます。

例えば、新宿区では、以下のようになっています。

区内の介護保険施設等や地域でのボランティア活動を行った際にポイントが付与され、貯まったポイントを年間50ポイント(=5千円)を上限に換金又は寄附することができます。

介護支援ボランティア・ポイント事業:新宿区

社会福祉協議会に問い合わせる

社会福祉協議会にはボランティアセンターが設置されており、ホームページから応募することができます。

トップページ|全国社会福祉協議会

近隣の介護施設に問い合わせる

多くの介護施設でボランティアを募集しています。

近隣で活動したい方は募集の確認をしてみてください。

その他の探し方も知りたい

介護ボランティアの注意点

続いてボランティアをするにあたり注意すべき点についてまとめました。

体調に注意する

心身共にすぐれない場合は、良い活動はできません。

その場合はなるべく避けるようにしましょう。

また、高齢者は免疫が弱っていることが多いため、発熱や咳、下痢などの症状がある時は必ず活動を控えましょう。

活動対象者の気持ちを尊重する

ボランティアが単なる「自己満足」にならないよう、相手の立場に立って気持ちを尊重しましょう。

自分の思い込みで活動するのではなく、相手が何を必要としているのか考えて活動することがボランティアの基本となります。

無理なく継続できる活動をする

自分の生活を犠牲にしてまで、ボランティア活動を行う必要はありません。

無理なく自分のペースで活動することが長続きの秘訣です。

ボランティア保険に加入しよう

ボランティア保険とは、活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償するものです。

長期的に活動を続ける場合は、年間250円~1,400円と低価格なので加入しておきましょう。

その他の注意点も知りたい

まとめ

今回は介護ボランティアについて、種類や申し込み方、注意点などについてまとめました。

いざ自分が介護をしなければならなくなったとき、介護ボランティアの経験があれば、対応することができ、すぐに相談できます。

また、介護ボランティアを通じて介護の経験だけでなく、生きがいや自分の可能性を試す場としても活かすことができるかもしれません。

ぜひ、介護ボランティアに参加する参考にしてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました