スポンサーリンク

ボランティアの本おすすめ5選!ボランティアを詳しく知ろう

Pocket

この記事では、ボランティアに関する様々な本を5つご紹介します。

本を通してボランティアを学ぶことでより良い活動ができるでしょう。 

スポンサーリンク

日本一詳しいボランティアガイド 

こちらの本は、今回紹介する5つの中で最も低単価で購入しやすいです。

ボランティアに関する基本的な解説から、ボランティア経験を仕事に活かす方法まで幅広く書かれています。

ボランティア初心者から仕事に活かしたい方までおすすめです。

「ボランティア」の誕生と終焉―〈贈与のパラドックス〉の知識社会学

こちらの本は、政治や社会学の観点からボランティアについて考察しています。

日本社会学会第11回奨励賞・第13回(平成23年度)「損保ジャパン記念財団賞」などを受賞しています。

ボランティアと有償ボランティア

こちらの本は、有償ボランティアに焦点を当てて、新しい切り口でボランティアを考察しています。

謝礼がもらえる有償ボランティアとはいったいどのような仕組みなのでしょうか?

有償ボランティアとは?生まれた背景やメリット、具体例まで徹底解説

ボランティア活動の責任

この本は、ボランティアの責任について焦点を当てています。

ボランティアで事故が起きたら誰が責任を取るのでしょうか?

ボランティアを運営する方は、一度ておく必要がある論点でしょう。

お天道様は見てる 尾畠春夫のことば

こちらは、2018年、行方不明だった2歳児を発見し、一躍時の人となった尾畠さんについての本です。

尾畠さんの名言がたくさん掲載されています。

そもそもボランティアとは?

そもそもボランティアとは、「社会への奉仕・自発的・自らすすんでやること」という意味です。

語源は、ラテン語のvoluntusと言われており、意味は「自由意志・自ら進んでやること」です。

日本では、無償という意味合いが強いですが、自発的に支援したいという想いが本来のボランティアの目的であり、有償・無償は本質的な問題ではないと考えられています。
ボランティア活動とは?定義や語源、4つの原則、探し方までわかりやすく解説

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました