スポンサーリンク

福祉ボランティアとは?種類やメリット、探し方など徹底解説!!

ボランティア

福祉に関するボランティアをしてみたいと思っても、どんな種類があるのか・どうやって探せばいいかわからないですよね。

一言で福祉ボランティアと言っても、たくさんの種類があります。

この記事では、福祉ボランティアについての全体像を解説しています。

気になる種類やメリット、探し方などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

福祉ボランティアのメリット3選

幅広い世代の人と交流できる

福祉ボランティアでは、様々な年代の人と交流しながら活動を行います。

子どもに関するボランティアでは幼い子どもを、介護ボランティアではお年寄りを相手にするため、幅広い世代と交流できます。

そのため、人脈が広がったり、新たな気づきが生まれることも少なくありません。

生きていく上でのヒントが得られる

ボランティアが、原体験や人生の転機など生きていくうえで変化やヒントになることも少なくありません。

特に学生時代のボランティア経験は、就活の職業選びや生き方に大きな影響を与えます。

また、高齢者ボランティアでは、人生の先輩からありがたいお話が聞けるかもしれません。

視野が広がる

ボランティアで視野が広がることは間違いないです。

普段の生活では、関わることのない人や場所で、今まではニュースで見るだけの社会課題に対面します。

自分の知らなかった世界や問題に肌で触れることで、新たな価値観や社会に対する認識を獲得できます。

ボランティア活動は、無料で社会勉強できる機会です。

福祉ボランティアの種類は大きく3つ

介護ボランティア

介護ボランティアとは、介護が必要な高齢者を支援する活動です。

超高齢化社会を迎える中、介護業界の人手不足が深刻です。

介護ボランティアの参加資格は、基本的に18歳以上以外の規定はありません。

親の介護が必要になる前に、一度現場を経験することで将来に役立ちますね。

具体例
老人ホームでの支援や在宅介護支援、地域交流など

障がいに関するボランティア

障がいに関するボランティアでは、知能・身体に障がいを持つ方を支援する活動です。

厚生労働省は、障がいのある人は人口の7.4%(2018年)と発表しました。

障がいのある方と接することで、自身の経験値もより深まるのではないでしょうか。

知的障がいと身体障がいでは、活動内容が大きく異なる場合があるので注意しましょう。

具体例
児童養護施設や朗読、手話など

子どもに関するボランティア

子供に関するボランティアには様々ありますが、ここでは教育と分けて解説します。

子どもの安心安全のためには、ボランティアの存在が欠かせません。

虐待や孤独の問題に関するボランティアが多いです。

あなたが相談相手になるだけで、救われる子どもはたくさんいます。

具体例
児童館やいじめ相談所、子ども食堂など

教育ボランティアについてはこちら

福祉ボランティアに参加するには?3つの方法を紹介!

家の近くで活動したい!

家の近くで活動したい場合は、ボランティアセンターでの応募がおすすめです。

ボランティアセンターとは、市区町村が管理しており、ボランティアの活性化を図る組織になります。

そのため、あなたの住む町にも必ずボランティアセンターがあるので、一度検索してみてください。

活動している人と事前に会いたい!

活動している人と事前に会いたい場合は、イベントに参加してみましょう。

ボランティア団体やNPO法人が主催するイベントでは、終わり際にボランティアへの参加を募集しすることが多いです。

実際に活動している人を知ってから、ボランティアを行えるので安心感は大変大きいです。

イベントは、Facebookのイベントページやpeatixなどで毎日のように開催されています。

たくさんの選択肢の中から選びたい!

たくさんの活動を知りたい方は、ボランティア募集サイトから申し込みましょう。

募集サイトから申し込むことで、今まで知らなかった活動や新たな関心分野が生まれるかもしれません。

福祉系アルバイトも一つの選択肢

福祉支援は、ボランティアだけでなくアルバイトでも体験することができます。

アルバイトでは、時給が発生するため金欠の学生にはオススメです。

介護アルバイトや児童養護施設など幅広い募集があります。

マッハバイト でアルバイトが決まればお祝い金がもらえます!

福祉ボランティアの注意点5選

最後に、ボランティアをする上での注意点を5つ紹介します。

活動対象者の気持ちを尊重する

ボランティアが単なる「自己満足」にならないよう、相手の立場に立って気持ちを尊重しましょう。

自分の思い込みで活動するのではなく、相手が何を必要としているのか考えて活動することがボランティアの基本となります。

心配なこと・気づいたことはすぐに相談する

活動をする中で様々な問題に直面します。

その時に問題を一人で抱え込まず、担当の職員やメンバーに必ず相談しましょう。

また、改善点なども積極的に相談すると良いです。

ただし、自分の意志だけで行動してはいけません。

約束・ルールは必ず守ろう!

約束やルールは必ず守りましょう。

約束やルールの背景には必ず理由があります。

自分の判断で約束やルールを破ってはいけません。

無理なく継続できる活動をする

自分の生活を犠牲にしてまで、ボランティア活動を行う必要はありません。

無理なく自分のペースで活動することが長続きの秘訣です。

ボランティア保険に加入しよう

ボランティア保険とは、活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償するものです。

長期的に活動を続ける場合は、年間250円~1,400円と低価格なので加入しておきましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました