スポンサーリンク

環境ボランティアとは?7つの種類やメリット、注意点を解説

ボランティア

環境に関するボランティアに参加してみたい!

だけど、どんな種類があるかわからない。。。

環境ボランティアに参加するメリットって何があるんだろう?

こんな悩みや疑問を抱えているのではないでしょうか?

環境ボランティアとは、地球温暖化や生態系破壊、砂漠化などの環境問題に取り組む活動の総称です。

持続可能な社会を目指す中で、最も必要なボランティアの一つでしょう。

たくさんの環境ボランティアがあり、今回は7種類の活動をピックアップして解説しています。

スポンサーリンク

環境ボランティア とは

環境ボランティアとは、地球温暖化や生態系破壊、砂漠化などの環境問題に取り組む活動の総称です。

厚生労働省の発表によると、ボランティア参加者のうち約20%が環境ボランティアに参加していることがわかりました。

環境ボランティアと言っても活動の種類は多岐にわたります。

次の章では、7つの環境ボランティアについて解説します。

環境ボランティア 7つの種類

生態系保全のボランティア

生態系保全ボランティアは、生態系を守るために外来種や有害鳥獣駆除、植林などを行います。

動物愛護とは大きく異なり、生態系を守ることを目的としているため、注意が必要です

動物愛護のボランティア

動物愛護ボランティアは、捨てられたり虐待されている動物や飼い主から相談され引き取られた動物の世話や里親探しを行います。

2020年は32,743匹の犬・猫が殺処分されており、深刻な問題となっています。

地球温暖化防止のボランティア

地球温暖化防止ボランティアは、植林やセミナーなどのイベント主催などを行います。

啓発活動のような環境教育をメインで行うことが多く、地球温暖化防止コミュニケーターなど資格もあります。

ゴミ・リサイクルのボランティア

ゴミ・リサイクルのボランティアは清掃活動やビーチクリーンを行います。

お住まいの地域を中心に活動することが多く、地域交流の住民と盛んに交流するきっかけにもなります。

自然災害復興のボランティア

自然災害復興のボランティアは、地震や台風などの災害発生時から復興に至るまでの被災地の復旧復興に携わるボランティア活動です。

家屋の片付けやがれきの撤去などの直接的な支援だけではなく、ヘルスケアや子どもの遊び相手など間接的な支援もあります。

国際協力のボランティア

国際協力のボランティアでは、その国の生態調査や野生動物の保護活動などを行います。

専門的な知識を要する場合もあり、応募前にしっかりと確認しましょう。

援農ボランティア

農業ボランティアは、援農とも呼ばれており、高齢化や担い手不足の農家を支援するために農作業をお手伝いする活動です。

また、都市と農村の交流を深めるという目的もあります。

農業に興味があったり楽しみたい方が、人手不足の農家とつながることで課題解決を目指しています。

環境ボランティア 3つのメリット

幅広い世代の人と交流できる

ボランティアでは、様々な年代の人と交流しながら活動を行います。

子どもに関するボランティアでは幼い子どもを、介護ボランティアではお年寄りを相手にするため、幅広い世代と交流できます。

そのため、人脈が広がったり、新たな気づきが生まれることも少なくありません。

会社や学校だけでなく、新しいコミュニティを探すという意味でもボランティアに参加してみてはいかがでしょうか?

知識や知見、考え方の幅が増える

初めての経験や気づいていなかった社会課題に直面することで、無知であることに気づくと共に知識や知見が深まるでしょう。

無意識的な先入観に気づき、枠に囚われない思考が身に付いたという方もいらっしゃいました。

「学ぶ」という点でもボランティアのメリットと言えます。

自然にふれあえる

最近は、意識的に行動しないと自然にふれあえる機会が得られないるのではないでしょうか?

環境ボランティアは、自然にふれあえる絶好の機会です。

また、ボランティアでは、困っている人に支援することが多いため、直接感謝の言葉がもらえます。

誰かを幸せにすることは、自分自身の幸福度を上げることにつながるでしょう。

環境ボランティア 3つの注意点

約束・ルールは必ず守ろう!

約束やルールは必ず守りましょう。

約束やルールの背景には必ず理由があります。

自分の判断で約束やルールを破ってはいけません。

ボランティア保険に加入しよう

ボランティア保険とは、活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償するものです。

長期的に活動を続ける場合は、年間250円~1,400円と低価格なので加入しておきましょう。

無理なく継続できる活動をする

自分の生活を犠牲にしてまで、ボランティア活動を行う必要はありません。

無理なく自分のペースで活動することが長続きの秘訣です。

その他ボランティアの注意点はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

環境ボランティアには、様々な種類があります。

まずは、あなたの好きなことや得意なことができる活動に参加してみるとよいでしょう。

環境ボランティアの探し方はこちらの記事をご覧ください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました